診療方針と診療内容

診療方針と診療内容

青葉台駅前眼科の診療方針

スタッフ一同、以下のとおり努めて参ります。

  • 的確で安心・安全な眼科医療を提供いたします。
  • 皆様のお声に十分耳を傾け、わかりやすい説明を心がけて参ります。
  • 心の通った温かい医療をめざして参ります。

診療内容

ドライアイ、眼精疲労、近視などの屈折異常、結膜炎などの結膜疾患、麦粒腫(ものもらい)などの眼瞼(まぶた)の疾患、角膜炎などの角膜(くろめ)の疾患、白内障、緑内障、眼底疾患など、眼科領域全般の病気について診療を行っています。これらの疾患の早期発見、早期治療に努め、病状によって専門的検査や手術など高度医療が必要な場合には、大学病院など地域の基幹病院に責任を持ってご紹介いたします。

眼科一般診療

眼科一般診療

眼科領域全般の病気について診療を行います。疾患の早期発見、早期治療に努め、必要に応じ大学病院など地域の基幹病院に責任を持ってご紹介いたします。

≫ 詳しくはこちら

コンタクトレンズ外来

コンタクトレンズ外来

コンタクトレンズの処方と定期検査を行っています。
日頃コンタクトレンズで気になる症状などがあれば、お気軽にご相談下さい。

≫ 詳しくはこちら

眼の検査(健康診断)

眼の検査(健康診断)

40歳を過ぎると、近見障害(手元の文字が見づらい症状)、緑内障、白内障、眼底疾患(眼底出血、糖尿病網膜症、黄斑疾患)など、眼のトラブルが増してきます。時として、無症状で病気が進んでしまうこともあります。手遅れにならないために、体の健康診断と同様、眼の健康診断をお勧めします。

ページトップへ